カテゴリ:制作あれこれ( 11 )

先日 友人の娘さんが結婚しました。
私に出来ることで 何か役に立つ贈り物がしたいと思い、
数珠を贈ることにしました。

小さい頃から知る彼女のイメージは この色かな・・・

e0096488_15372882.jpg

後日、式の写真とお礼のメッセージを書いた葉書が届きました。
アリガトウ・・・幸せになってね!

~~~~~~~~~~~~~~~~


もう一人、お世話になっているギャラリーの息子さんが
近々結婚されます。
何かお祝いを、と申し出ると ご本人がブレスレットを希望されました。
好きなビーズを選んでと言うと、この白黒ビーズをチョイス。
それと錆柄ガラスが気になるそうで、出来ればそれもいっしょに。と。

e0096488_23460591.jpg



錆柄がお気に入りのようで、、、、
ならば、
真鍮板でちっちゃな椅子を作って

e0096488_23462215.jpg


錆柄ガラスを乗っけてオブジェにしちゃいました。

e0096488_23463673.jpg


気に入ってくれるかな?








[PR]

先日、夫と二人 ボ~ッとNHKの『趣味Do楽』を観ていますと、
急に夫が身を乗り出し 「あれ、僕の作った帯留めや!」 と言うので
よく見ると うんうん、確かに。

で、翌日NHK出版のテキストを買ってみると、、、

e0096488_23460339.jpg

なんと 私のフュージング帯留めも夫のと仲良く載っておりました。

e0096488_23461605.jpg

夫の帯留めはTVに映ってたのとは別のものでした。
フュージングは市松模様で、これの色違いも着物に合わせてくれてました。

e0096488_23462888.jpg


帯留めを納めている組紐屋さん、そこが卸しているお店が
撮影に協力したのですね、たぶん。
日頃 帯留めをたくさん制作して納品していても 
実際それが使われている場面って見ることないので、
なんかすごくうれしいです、張り合いでますね。
これで ちょっと面倒な市松模様も頑張って作れそうです!(^_^)/










[PR]

ただ今 『めがねホルダーブローチ』 というものを試作中です。

「ちょっと、服にメガネを引っ掛ける所があると便利なんだけどな~」
という制作おねだりが発端でありますが、自分もそろそろ
そういうモノが必要なお年頃・・・ということに気付いた訳であります。

とりあえず使い勝手というのは作ってみなければわかりませんので
いくつか作ってみました。

e0096488_00213278.jpg
e0096488_00251435.jpg
e0096488_00261789.jpg

ピンを洋服に刺して、裏からキャッチで留めるという方法を取ってみましたが、
普通の横向きのブローチピンの方がよかったかなぁ・・・・?


e0096488_00381099.jpg

e0096488_00333706.jpg
e0096488_00342138.jpg


ガラスはなるべく小さい方がよろしいようで・・・・・
めがねを吊すと重さで頭が前につんのめってくる感じになります。

小さくちょこんとある感じの方がいいかな?

他の色でももう少し作ってみるとしよう。














[PR]
これまでお世話になってきました 東京高円寺の 蜻蛉玉専門店「ばぶるす」さんが
10年を区切りとして 2013年12月25日をもって 閉店されました。

e0096488_16451533.jpg


蜻蛉玉専門店「ばぶるす」


夫のトンボ玉作品だけではなく、私の拙いフュージング作品までも
お会いしてまもなくの星野さんは 快く引き受けてくれました。
たぶん一般受けしないであろう私の作品を 深く理解してくださり、長く支えてくれました。
「ばぶるす」という存在があったから 私はめげずにやってこれたような気がします。

ひとつの歴史が終わるようで なんだか淋しい気もしますが、
これはまた新たな始まりであって、必ず別の形で 星野さんとお会い出来ると信じています。

ほんとうに これまでお世話になり、支えてくださって有り難うございました。

またどこかでお会いしましょう!
[PR]
ガラス玉をバーナーで作る時に私が用いるのは、イタリアのモレッティガラスなのですが、
これを 日本の鉛ガラスと同じようにツブツブの徐冷材の中でさますと 
早くさめすぎるため、悲しいことに割れることが多いのであります。
たいていの方は それを避けるために 電気炉を用いて徐冷しています。

市販のもので5万円も出せば、温度調節機付きステン芯ごと徐冷できるキルンが
売っているのでありますが、う~ん、そんな立派なんでなくてええけどなぁ・・・

そこで、夫の工房へ行って つぶやいてみた。

「お手軽な温度調節機付き電気炉、 あったらええなぁ・・・」

      すると・・・・・・・     あった。。。。。


e0096488_1695091.jpge0096488_1611923.jpg
















耐火煉瓦をくり抜いた手作り感満載の電気炉で、しっかり温度調節機付き。
何年か前に作って、使わずに置いてあったらしい。。。


e0096488_16171520.jpge0096488_16174411.jpg
















そ、そ、そ、これでええねん。  
いや、これがええです!^^;  頂きます、ありがとさんです。
もっといっぱい玉を作りたい時は もう一台あるそうやし・・・(ニタッ)
これで徐冷点の温度をキープして ガラスの歪みを取ることができるはずです。
(モレッティの場合、徐冷点は480度くらいだそうです。)


さっそく自分のアトリエへ持って行ってセットしたら、狭いもんで
ひとつ道具が増えると いろんなものを移動せねばならんことになって、
電気スタンドが遠くになって 手元が暗くなってしまった。。。

そこで、また 夫の工房へ行って つぶやいてみた。

「手元が暗いんで 上からぶら下げられるライトが、 あったらええなぁ・・・」

      すると・・・・・・・     あった。。。。。

e0096488_1645143.jpg

         夫が だんだん ドラエモンのように思えてきた。。。。
[PR]
メールで制作依頼を受けることがあります。

ご希望を伺いながら試作をし、失敗やら改良やらしながら
依頼主さんと相談して制作を進めていきます。

何度かメールのやり取りをしているうちに、
ふと依頼主さんの今の心情を垣間見ることがあります。

もしかしたらそれは、勝手な想像でしかないかも知れません。
かもしれませんが、知らず知らずのうちに想像力を働かせて、
自分の中にある共通点を見つけ出そうとしている自分がいます。

そうやって出来てくる作品は
世の中の流行とかには全く関係がなく、
今この時の心情が形となって現れてくるような気がします。


タイトル:「雪解け水に射す光」

e0096488_1291094.jpg
[PR]
世の中の閉塞感に押しつぶされそうになりながら

ブログも滞ってしまっておりました。

気持ちが内側向いて動けなくなってしまった時、

ひたすら祈るような気持ちで ガラスを磨いておりますと、

不思議なことに 少しずつ気持ちが前向きになってきました。


e0096488_1704421.jpg













一度スリガラス状にしたものを 再度 石のような質感になるまで磨いていきます。

小さなビーズをひとつひとつ磨く作業というのは

どこか修行のようであり、祈りのようであります。

地味~な作業でありますが それが形になるとうれしさがこみ上げてきます。

久しぶりに ばぶるすさんに納品させて頂きました。



もうすぐ結婚する友人から 記念品となる数珠を頼まれています。

石のような質感の玉の数珠を作ってほしいと。

彼女が幸せになるように、目一杯祈りながら磨こうと思います。
[PR]
蜻蛉玉 ばぶるす さんに ネックレス10点、ストラップ10点 を納品しました。

e0096488_1242511.jpg


e0096488_1252154.jpg


たくさんの作家作品を扱われている店内で、これだけのスペースをさき、

「ふう」のコーナーまで作って頂いて 大変光栄に思います。

さながら ミニ展示会の様相で 作品たちもたいそう喜んでおります。
(一番喜んでいるのは 私でありますが^^)


ばぶるすさんのオリジナル作品を発信するサイト 「アトリエ風雅」 を読ませて頂いて、
どこか「ふう」の作品と共通する部分を いつも感じています。

こんな風に 私はうまく言葉で表現できませんが、
「うん、うん、そうだね。」と いつも一人つぶやき、感心しながら読ませてもらってます。

私の「心象風景」が 見て下さる方の感性の糸と繋がりますように。。。
[PR]
久しぶりにサイトの Gallery作品を 更新をしました。

いやぁ~、、、3ヶ月ぶりくらいです。。。;

こんな感じです。

e0096488_16192757.jpge0096488_16213561.jpg











e0096488_16222621.jpge0096488_16261894.jpg











春だし、出来るだけ明るい色をと心がけてみたり、、、
(あまり変わらないような気もするけど。。。)

エスニック調のかんざしを作ってみたり、、、

気持ちだけは春の方を向いていまーす。^^

Galleryを覗いて下さいね。
[PR]
年末から年を越えて続いていた とんぼ玉工房移転

ようやくすべてのモノが納まるところに納まり、

制作も開始できるようになってきました。

フュージングの方は 引き続き今までの場所で制作するため、

そちらの整理、片付けに今までかかってしまいました。

大量の荷物を持ち出したおかげで、こちらはスッキリ軽やかになりました。


e0096488_16414943.jpg
フュージング制作コーナーと 組み仕上げコーナー










e0096488_16462144.jpg

こちらは バーナー作業コーナー







一つの部屋で すべての作業が完結できるようになったので
効率アップ・・・になるはず、です。^^;





ぼちぼち 新しい作品作りに取りかかっています。
e0096488_1705690.jpg












この年末からの引っ越し大騒動のために、

日常のもろもろの作業もストップし、年賀状も書けませんでした。

遅ればせながら、年賀状を頂いた皆様にお礼申し上げます。

本年も よろしくお願いします。
[PR]